2007年06月11日

2007 F1世界選手権 第6戦 カナダGP 決勝 - ハミルトン初優勝、琢磨は6位入賞!

2007F1世界選手権第6戦カナダGPの決勝がジル・ビルヌーブ・サーキットにて行われ、マクラーレンのルイス・ハミルトンがポール・トゥ・ウインでF1初優勝を果たしました。2位には、BMWザウバーのニック・ハイドフェルドが入り、今季初の表彰台。3位には、ウイリアムズ・トヨタのアレクサンダー・ブルツが続きました。

070611_hamilton.jpg

ギヤボックス・トラブルでTカーに乗り換えたクリスチャン・アルバースは、ピットレーン・スタートに。ヘイキ・コバライネンはエンジン交換を行い、10グリッド降格となり、最後尾からのスタートとなりました。

スタート直後、2番手スタートのアロンソが1コーナーでコースオフ。ハイドフェルドが2番手に浮上し、7 番手からスタートしたロズベルグが2台抜き、5番手に浮上。一方、バトンはスタートできず、グリッド上でストップ。そのままピットへ戻り、リタイヤとなりました。

一周目を終え、トップのハミルトン以下、ハイドフェルド、アロンソ、マッサ、ロズベルグ、ライコネン、フィジケラ、クビカ、ウェーバー、佐藤琢磨という順位。

レース序盤はハミルトンが速さを見せ、9周目の時点で2番手のハイドフェルドに約6秒差。今度は、スピードとブルツが接触し、スピードはリタイアとなりました。

後続との差を、どんどん広げるハミルトンとは対照的に、3番手のアロンソはミスを連発して19周目にコースオフしている間に、マッサがアロンソをかわして3番手に順位を上げました。

22周目に、ハミルトンがピットインして、問題なくコース復帰。その後、スーティルがクラッシュし、セーフティーカーが導入されました。

24周目にピット・オープンとなると、マッサ、ライコネン、フィジケラ、クビカ、佐藤琢磨が一斉にピットインし、ピットが大渋滞に。2周後にセーフティカーが戻ると、レースは再開されましたが、27周目にクビカが大クラッシュ。クビカは、バリアに激突、一回転しながら反対側のバリアにヒットするという大事故を起こし、足を骨折の疑い。
070611_kubica.jpg

再び、セーフティーカーが導入された後、33周目にセーフティーカーが戻り、レースは再開。この時点でトップは変わらず、ハミルトン。以下、ハイドフェルド、アロンソ、ロズベルグ、デビッドソン、ラルフ・シューマッハ、ウェーバー、マッサ、フィジケラ、佐藤琢磨。この後、アロンソとロズベルグが、1回目のセーフティカー出動の際、給油を行なった為、10秒間のピット・ペナルティが科されて、順位を大きく下げてしまいました。

その後、ハミルトンが2位ハイドフェルドとの差を順調に広げていき、50周目に、アルバースがコースアウトの際、フロントウイングを破損し、破片を撒き散らし、3度目のセーフティカー導入。56周目には、リウッツィがクラッシュをし、4度目のセーフティカー導入となりました。また1度目のセーフティーカーの際、ピットレーンの赤信号無視で、マッサとフィジケラが失格となりました。

4度目のセーフティーカーが60周目に戻り、この時点で、トップは変わらずハミルトン。以下、ハイドフェルド、ブルツ、コバライネン、ライコネン、アロンソ、ラルフ・シューマッハ、佐藤琢磨というトップ8。その後、レースは常に安定した走行を見せたハミルトンが、F1デビューから6戦目にして初優勝を遂げました。

セーフティーカーが4度の出動、リタイアが10台と近年まれに見る大荒れのレースとなったカナダGPでしたが、優勝のハミルトン以下、2位にハイドフェルド、3位にブルツ、4位にコバライネン、5位にライコネン。そして、何と6位には佐藤琢磨が入りました。琢磨はレース終盤、ラルフ・シューマッハとアロンソを続けてオーバーテイクするという見事な走りでした。7位にアロンソ、8位にラルフ・シューマッハというトップ8でした。

とにかく、この大荒れのレース冷静な走りで制したハミルトンは見事でした。そして、6位に入った琢磨もあっぱれでした。これで、ハミルトンは再び、ランキングトップに立ち、堂々、タイトル争いの本命となりました。

070611_aguri.jpg

2007 F1世界選手権 第6戦 カナダGP 決勝
天候:快晴 気温:26度 路面温度:52度 湿度:53%

Pos. ドライバー コンストラクターズ Tyres Time

1 L・ハミルトン マクラーレン 1:44:11.292
2 N・ハイドフェルド BMW + 4.300
3 A・ブルツ ウィリアムズ + 5.300
4 H・コヴァライネン ルノー + 6.700
5 K・ライコネン フェラーリ + 13.000
6 佐藤 琢磨 スーパー アグリ + 16.600
7 F・アロンソ マクラーレン + 21.900
8 R・シューマッハ トヨタ + 22.800 9 M・ウェーバー レッドブル + 22.900
10 N・ロズベルグ ウィリアムズ + 23.900
11 A・デビッドソン スーパー アグリ + 24.300
12 R・バリチェロ ホンダ + 30.400

Did not finish

13 J・トゥルーリ トヨタ + 12 laps
14 S・スピード トロロッソ + 15 laps
15 G・フィジケラ ルノー + 18 laps
16 F・マッサ フェラーリ + 18 laps
17 C・アルバース スパイカー + 21 laps
18 D・クルサード レッドブル + 35 laps
19 R・クビサ BMW + 43 laps
20 A・スーティル スパイカー + 48 laps
21 S・スピード トロロッソ + 61 laps
22 J・バトン ホンダ + 70 laps

結果はGPUpdate.netより



posted by ZERO at 07:17| Comment(0) | TrackBack(1) | F1-GP2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

カナダGP決勝結果(6月10日)
Excerpt: ぬぉぉぉぉぉぉぉぉ〜! 最後まで観てしまったやないか〜!(爆) 今回のレースは途中で寝落ち出来ませんから〜と思ったら「ぽちっ!」っとお願い致します!(爆)人気blogランキ..
Weblog: カンジのあなた!(H氏公認)
Tracked: 2007-06-11 19:49

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。